「結婚・恋愛」カテゴリーアーカイブ

子育ての考え方の違い

子供が産まれて早10カ月。
あっとゆー間だなと思う反面ハイハイや伝え歩きを覚えて毎日毎日本当に大変。
子供が産まれる前から子育ての違いで夫婦喧嘩をしたとか義母の言い分が気にくわないとか色々と聞いていましたが…
まだ小さい赤ちゃんのうちはそんな事はないのかなぁ?なんて楽天的に考えていたら、やってきました、うちにも子育ての違い。
旦那とは喧嘩になった事ないですが、というよりも旦那は私が一番色んな事分かってるだろうから合わせてくれてるような感じで積極的に育児に参加をしてくれてますが、義家族が色々と言ってくる事が私には理解出来なかったり私が言った事に対して神経質だのなんだの言われてしまう始末…。
いや、でも自分でも向こうの実家に行くと私が神経質なんだろうか?と思うような事ばっかり!
例えばお風呂の時間一つにしても、向こうは10時とか11時に入れたらいい!って言うんだけど
私としては遅すぎるから寝る時間がズレるみたいな事を言うと、まぁそんな神経質になって子育てしてたらいけんよ!って…。
いやいや、遅いでしょ!!
離乳食もまだ始めたばかりの頃なのに自分の食べてる物を子供に食べさせようとしたり…
それを注意?というかまだ始めたばっかりなので…というと、神経質やね?!どうせ大きくなったら食べる物なんだから!と。
いやいやまだ今は早過ぎるって!
旦那の実家に行くたんびにヒヤヒヤする私でした。

結婚相手として最悪!男性の特徴3つ

男のくせにブツブツ悪口ばかりの男性

私は男のくせに女みたいに悪口三昧の男性は結婚相手としてなしだと感じます。私の父はすごく無口で、どんなに嫌なことがあっても、人に愚痴や悪口を言ったことがなかったです。そんな姿を見てきたため、男は悪口をぶつくさ言わないというイメージができあがっています。だからこそ、ブツブツ必要以上に人の悪口を行ったり、愚痴を話してくる男性は女々しくて男らしくないと感じてしまって、結婚相手にはできそうにありません。悪口や愚痴をぐだぐだ言われると女々しすぎて、ひっぱたきたくなります。

潔癖症で一緒にいて疲れる男性

潔癖症で一緒にいて疲れる男性も結婚相手としてはなしですね。私はどちらかというとずぼらな性格で、潔癖とは程遠い性格をしています。もし潔癖症の男性と結婚することになると、私と夫でぶつかって家庭がめちゃめちゃになることが予想できます。
常に家をピカピカにしておきたいだなんて考えられないし、そんなことを実際にしたらストレスでおかしくなりそうです。いつも疲れてしまって、夫が嫌いになりそうだと思いました。絶対に潔癖な人とは一緒に暮らしていけないと思っていて、そんな人と結婚する未来は想像できませんね。結婚相手としては最も相性の悪い特徴を持った人だと感じます。

カッとして癇しゃくを起こす男性

男性の中にはカッとしやすい人っていますよね。普通なら怒らなくてもいいところでも、急に人が変わったように怒り出すというような人は結婚相手としてなしだと感じます。そんな情緒不安定な人絶対に嫌ですね。
結婚するなら私は穏やかでまったりした生活をしたいのです。癇しゃくを起こすような男性は絶対に幸せな家庭を作れないと思うし、何なら手を出される可能性だって少なくありません。ドメスティックバイオレンスなんて嫌ですし、こういう情緒不安定な男性との結婚は嫌ですね。カッとして怒りっぽい男性は簡単に奥さんや子供に手を上げそうで怖いです。このため結婚相手としてはなしと挙げたいですね。

(オススメ婚活サイト)https://ishi-konkatsu.com/

正夢?逆夢?恋愛運の変化はない模様?

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

そろそろ寝苦しい季節がやって来ました。
あんまりエアコンに頼るのも体に負担だと思って、かけずに寝てしまったところ、変な夢を見てしまいました。

好きな人に彼女がいる夢を見た事はありませんか?
そんな夢を見てしまったとしたら、一体どのような意味があるのでしょうか?

夢で現実世界での現状が解ったら、これからの未来も幸せに変わっていくかもしれません。

そんなほのかな期待を胸に、大至急ネットで調べてみたところ、以外にも恋愛運の良い夢という解釈でした。
ちょっとウキウキしたのですが、本日な~んにもない日を過ごしております(笑)

全く異性にご縁がありません。
なんか、残念です。とほほ。

私は異性に贅沢を言えるような自分ではございません。

美貌がありませんのでその分相手には要求はしませんが、不潔な男性でなければいいなと思っております。

どんなにイケメンでも、汚ならしかったり自分に対して傲慢な態度だったら嫌ですし。

そんな訳で、夢占いは見事に外れてしまった私は、ここでくじけてはいけないと気分を新たに出会いを求めたい!
友達誘って呑みにでもくりだしますか。

さぁて、どうなることやら。
ではまたね!