カレーライスの思い出

“こんにちわ。
暑い日が続きますが皆さんいかがお過ごしですか。

本日は私はお休みだったのでカレーライスを作りました。
今日はカレーの日です。

小さい子供から大人までみんな大好きカレーライス。
私もカレーは大好きです。

しかしながら私は寂しいお一人様。

普段、仕事しているのでカレーライスを作る機会はほぼありません。
なぜなら作ってしまうと多過ぎて食べきるまでに時間がかかりますし、冷凍してしまったりすると味が落ちてしまい、そのカレーを食べるのはあまり好きではありません。
少しだけ作るとは分量上なかなかいかないのです。

このカレーライス、思い出があります。

私には妹がおりますが、私の妹はご飯が嫌いでおかずだけ食べるという習性があります。
ですからカレーだけ食べると事をするのです。

私が中学生の頃、部活から帰ってくると、「今日はカレーよ」と母親が言うので台所へ行ってみるとカレーが全くありません。
ご飯だけが炊飯器で炊けているのです。

カレーがあった形跡も全くないので、妹に問い詰めると、どうやら1人でカレーだけ食べてしかも、証拠隠滅のため鍋も洗って伏せておいたらしいのです。

さすが下の子はずる賢い。
その日は冷蔵庫にあった納豆で我慢させられました。
食べ物の恨みは恐ろしいですよ。

今日は自分で作ったのできちんと食べれます(笑)
ではまたね!”