転職に慣れてしまわない様に

私がリクルートエージェントでの転職を決めたのは、やはり業界最大手と認識されているだけあって、案件の数量が他社と比べて多いからです。
転職する際には、我儘になるべきだと思います。中途半端に楽な方に流されて、なんとなく就職出来たとしても、長続きするのは難しく、転職を繰り返すことになりかねません。理想とする職種、その中で自分が配属されるポジション、その企業の規模、通勤可能なエリアであるか…当然の希望の他にも、挙げられる事案は全て挙げ、自らハードルを上げて獲得した職は、簡単には辞める気になりません。
怖いのは、自分が転職慣れしてしまうこと。柔らかい対応で、優しく手取り足取り就職しやすい企業に導いて下さるエージェントは、ありがたい存在です。ですが、新しい職場に少しでも不満を覚えると、あっさり退職し、また次の就職先を探す為に頼りやすい存在となります。この先、長い間その仕事に携わっていきたいと思える就職をするならば、多少、厳しくされても、豊富な経験と情報量、甘えを許さない厳しさで、しっかりと適切なサポートして下さる方が頼り甲斐があって心強いです。就職活動は、厳しく険しい方が働く意欲が湧いてくるものだと私は思います。
その様な面でリクルートエージェントは、かなり好印象な転職サイトだと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ